文化の日は明治天皇の誕生日である

文化の日は明治天皇の誕生日である。

戦前は明治節として祝日であった。GHQがいろいろ取り計らったとかなんとかあるらしいが、日本国憲法の公布日でもある。5月3日は施行日である。だからハッピーマンデー法で日にちが動いたりはしない。

ちなみにいつのまにやらみどりの日(4月29日)は昭和の日になったが、こちらは昭和天皇の誕生日である。今上天皇の誕生日を加えれば、3代の天皇誕生日が祝日になっている。しかし、大正天皇はかわいそうにも、現行の祝日法では誕生日が祝日ではない。

それと細かい話で、2月11日は建国記念日ではなくて、正式には建国記念の日である。自民党が野党に配慮したり、歴史的根拠やら科学的っぽいものに配慮した結果、「まさに建国した日」としてではなく、建国をしたことを祝う日ということで、「の」が付加されている。初代天皇神武天皇の橿原での即位日である。

勤労感謝の日は、天皇が収穫を祝う新嘗祭の日。春分の日と秋分の日は、天皇が先祖の霊を祭る皇霊祭の日。

ちなみに成人式は皇室とは関係がないし、ハッピーマンデー法により、動く。つまり、正直どうでもいい日なのである。

自分も含めて、わけもわからず神社の初詣に行き、寺の除夜の鐘を聞くけれど、日本は未だ色濃く神話や天皇の影響を受けている国である。

古事記や日本書紀は好きだし、日本神話は好きだけれど、やはり何教徒かと言われれば、仏教徒であるだろうなと思った今日この頃である。断見と常見を離れ、涅槃寂静に。いやほんと一切皆苦だと思うよ。世の中笑ってはいられない。何かを求めることは醜いし。何かを得ようとすることは醜い。性欲や食欲に彩られるこの世はなんて汚らわしいことか。ファッションなんて性欲の変化形であるし、グルメなんてたんなる贅沢な食欲の発現である。

いかに高尚に振舞おうとも、内実汚らわしい。その汚らわしい人間性、動物性すらも愛でるということまでできればいいのだろうが、そう達観できるほど精神はできあがってはいない。しかし一方で質素に暮らしたいと思うものの、どろどろとした性欲と食欲も、肉体を持ち得る限りは存在するわけであり、自己嫌悪に苛まれる。生きることは性であり食べることである。生きることを否定しない限りは、汚らわしさから逃れ出ることはできない。

で、あるからこそ、汚らわしさすらも愛でることのできる精神が必要である。

が、しかし、その精神を求めることもまた、我欲であり、究極は生きる欲求であり、性欲であり。人間は身体を持つ限りはここから逃れられない。だがしかし、もう少し健やかに、心穏やかに、暮らしたい。

 


という、インテリぶった話。寝るの好きなんだけど、意味もなく夜更かしをしてしまう。あーあ。いやま、正直何もかもどうでもいいんだよね。と、心底思って暮らせる心の強さが欲しい。ほーんと改めて読むと、くだらないしウィットに富んでないし、クソだな。と、不必要にも書いてみる、と。

とかく人は言葉を発した時点で、自らの汚らわしさを見なければならなくなる。言葉だけでなく行動においてすべて。相変わらず変わらない自分が、嫌いであり、変わらなさに安心しもする。生きること、言葉を発すること、行動を起こすこと、その全てが、見方によれば全て汚らわしい。汚らわしいという輪廻の中に、巻き取られていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です