霞を食って生きる

できればそうありたいものです。

さて、過去記事のアップでなく、初のブログオリジナル記事です。でも正直大したことはない。というか、あまり書きたい情動が湧いてない。が、しかし、確定申告の記録であり、1年間のトレード記録なので、残しておく。

要するに確定申告してきたっつー話。2015年にサラリーマン辞めてから、これで3度目の確定申告となる。毎年所得税が還付されている。そして、毎年FXは損失繰越の申告となっている・・・。

2017年は、普通に余裕でFXを年間プラスで終えられると思ってたんだけどね。2016年11月~2017年3月までの記事をそのうちアップするけど、当時の記事はルンルンでした。2か月で資金を2倍にすることを目標にしていて、それが5か月ぐらい連続で続けられていたから。

そういうこともあって、2017年1月~3月に使ってたカブドットコムにおいては、60万ほどプラスにしている。3月中旬の最高地点では、2.5か月で100万ぐらいプラスだった。「FXなんて打ち出の小槌のようだ」とか思っていたら、その後あれよあれよとやられて、また勝てない袋小路に迷い込んだ。一度ダメになると、立ち直れなくなる。なぜ勝てていたのか分からなくなる。


確定申告書本体の話

と、FXの話は一旦置いておいて、2017年の確定申告内容の解説。こんなもん、ブログなんかに詳細に載せてるやついるのか?と思うけれど、今年もやります。

確定申告書第一表
確定申告書第一表
確定申告書第二表
確定申告書第二表
確定申告書第三表
確定申告書第三表
所得の内訳書
所得の内訳書

2月までバイトしてたこともあって、意外と給与収入がある。2016年12月~2017年2月までの3か月分のバイト料で、60万超。あとは友達の会社の手伝い(サバゲ場予定地の山の開墾)とか、自衛隊の訓練参加とかで、ちょびちょび(色々あって、6か所に給与支払元が分かれちゃってるよ、すげぇな・・・)。合計80万超の収入。

国民年金と国民健康保険は、なんだかんだ遅れながらも結局ちゃんと全部払っていて(多分・・・)、社会保険料控除が30万超。

まあ、そもそも社会保険料払ってなくても、基礎控除で全て所得は吹っ飛ぶので関係ないんだけど、〆て1万8千円ほどの源泉徴収所得税の還付。少額ではあるものの、この厳しいご時世に還付は有難い。

ん?てか、収入が80万で、社会保険料が30万ってことは、50万だけで1年間過ごしたの???ってことになるけど、実は申告書に記載してない治験代とか(ほんとは雑所得として申告すべきもの)、姉に昔貸してたお金を返してもらったのとかもあって(「返さなくてもいいよ」とか、金のある頃は言っていたのに、結局返してもらっている自分が情けない)、なんとか2017年は生き延びた。

まあでも、霞を食っては生きられなかった。なんだかんだ100万前後の現金が1年間生きるのに必要であった。


FXに関する損益の話

確定申告書付表(先物取引に係る繰越損失用)
確定申告書付表(先物取引に係る繰越損失用)
先物取引に係る雑所得等の金額の計算明細書
先物取引に係る雑所得等の金額の計算明細書
年間損益計算書(カブドットコム)
年間損益計算書(カブドットコム)
年間損益計算書(外為どっとコム)
年間損益計算書(外為どっとコム)
年間損益計算書(SBI FXトレード)
年間損益計算書(SBI FXトレード)

なんか書くのめんどくせぇな、正直。見りゃわかるっしょ?って感じだけれど。箇条書き的にするか。

  1. カブドットコム:
    利用期間:2017年1月~3月ぐらい
    損益:+632,942円
  2. 外為どっとコム:
    利用期間:2017年3月~5月ぐらい
    損益:-199,387円
  3. SBI FXトレード:
    利用期間:2017年5月~12月ぐらい
    損益:-547,600円

合計:-114,045円

前述のように、2017年の最初はうまくいってたのよ。

カブドットコムのスマホアプリだと、チャート一覧の画面で移動平均が消せなくて、3月に負け始めた要因の一つに「移動平均に騙される」というのがあったから、緊急避難的に前から口座を持ってた外為どっとコムに乗り換えた。だが、前から外為どっとコムとは相性悪かったので、新しくSBIに口座開いてさらに乗り換えた。

なんでSBIに乗り換えたかっていうと、一発の発注数量が「1000万通貨まで!」と、日本のFX会社の中では最高クラスだから。捕らぬ狸の皮算用で、資金が莫大になった時のことを考えてたから。

出来川の用いるレバレッジでは、だいたい資金が5000万ぐらいになったら、一発の発注数量が1000万通貨になる(ユロルで)。普通はだいたい500万通貨とかが発注数量の上限。カブドットコムなんかは、300万通貨とかで、だいぶ低い。そして、SBIは、スプレッドも小さいからね。

余談だけれども、外為どっとコムはなんとなく、1ティックあたりの値幅が大きい気がする。それに、スプレッドが瞬間的に広がることも多い気がする。その点、元々スプレッドが広いカブドットコムは上記のようなことがない。SBIは、外為どっとコムとカブドットコムの中間ぐらい。1ティックあたりの値幅は特に気にならなくて、値動きは滑らかに思う。ただ、朝方など含めて、スプレッドが広がることは結構ある気がする。

毎年の資金投入額が異なるから、純粋に比較はできないんだけど、一応毎年損失額は小さくなっているのよね。2017年なんて、1年フルにやったにも関わらず、10万ちょいしか結局負けてなかったんだよね。旧年中は、なんかもっと地獄にいるような気分だったけれども。終わってみれば。

2015年は100万の損失計上をしているけど、その中にはFX用のPC・モニタ・モニタアーム代も含まれるので、実質の損失は80万。損失の繰り越しは3年間だけだから、2018年に勝てないと、この損失がまるっと無駄になる。2018年、勝てるといいね。ナマンダブ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です