漫画の功罪

鋼材じゃない。

漫画の立ち読みやめようと思う。月曜のジャンプ、ヤンマガ、スピリッツ、木曜のモーニング、ヤンジャン。

酒よりよっぽど悪影響。現実逃避ができるけれど、現実逃避することで、あとで現実と精神が乖離して余計困る。現実見よう、現実を。この現実を。夢想しても現実は変わらないのだから。このおどろおどろしい現実を正面に。

マジで酒よりよっぽど漫画は悪い気がする。目に悪いし。没頭できるんだけれども、精神が一番引きずられる。影響力が大きい分、離れなければいけない。酒は現実の一部だけど、漫画は現実ではない。

仲間が欲しい

バカやれる仲間が。

ビビりだけどさ。グリーンヒルみたいなー。稲中レベルは無理だが。

あーなんでこんなことしとんだろうとか思うけど、これはまぁ、転機によくある出来川くんの症状で、とにかくメキシコには行かなければならない。さっさと準備をするんだよ、とりあえず。

なんでこんなに適当な人間どもが笑って金もらってんだよと思うけど、こと細かくやっても、人のためにも世のためにもなるってもんじゃないのよね。しかし、セル内改行の仕方知らないやつは死ねばいいと思う。価値あることにキレたい。という勝手な選民思想。自分だってできないことや知らないことばっかりなのにね。だがしかし。

薬は覚醒をくれても、やる気はくれない。市販薬の限界か。瞑想しよう。さーて、がんばるべ。

簡潔で完璧な人生を

人生を通じてやりたいことなどないけれど、生きたい生き様はある

死ぬ時に自分の人生を肯定できるようにしたい。だらけずに。ただ純粋に、日々にある選択で、ベストのほうを選ぶように努力する。楽なほうを選ぶのではなく、正しいと思ったほうを選ぶように。

自分を否定しながら生きるのはつらい。人生に意味はないけれども、それとは別に、自分の中での善と悪は存在する。それを裏切らないように。そうすれば意味はなくても充実していると感じられるはずだ。

ヒメアノール読むと、頭痛がなくなる。

それはしかし、まずかろう。

古屋実はすごく精神に入り込んでくる。浅野いにおもいいけれど。浅野いにおよりいじけていない。その分犯罪者を増やしそうだけれど。

寄生獣をあの時読んだことがターニングポイントの1つ。それまでの違和感を少しでも形にしたものがそこに。なんかこのままでは精神を病むことは目に見えている。

たまに思うのはさ、俺って頭の回転おせえんじゃねーの?ってこと。

多少雑かもしれんけど早いほうがいいのか、遅いけど正確性が多少あるほうがいいのか。人生の時間は限られとるしねー。

本を読むのがおせえ。研究職とかでもねー限り、懇切丁寧に時間をかけるのは百害あって、なんとか一利がある程度。俺は逆立ちしても今の仕事をちゃんと全て時間内に終わらすことはできんだろうな。もっと簡略に簡素に、人生も部屋も仕事も。

「おっしゃる通り」の魔術

なんか昔、なんかの本で読んだことがあるけれど、人心掌握術としての「おっしゃる通り」の使い方。

相手に同意する際に、「おっしゃる通り」や「おっしゃるように」を使うと、効果てきめんという。一昨日話を聞いた人が、「おっしゃるように」をよく使う人で、こんな斜に構える自分でさえも、少し良い気分になったという。言葉はこわいという話。

言葉を巧みに操ることが、技術も知識もない文系人の手に入れるべき技術。悲しいかな、理系には知識や技術で絶対負ける。起業をしている人は、人のつながりを非常に大切にする。逆に、大切にしてなければ、数人で始める企業はうまくいかない。だだ、もちろん、どんな業種かにより、多寡に違いはあるが。

文系人で世で大成するためには、人脈は欠かせない。理系人でもある程度そうであろうが。自分だけで情報を探す、得る、調べるより、他者の力を借りたほうが、圧倒的に早い。

人一人の頭の中に入るデータ量は知れている。だがそれは知りながらも、人とつながることは心を砕くし疲れるから、あまり好きではない。が、それが出来なきゃ文系人としては使えない人間。

手練手管で表層的にうまくやっても、粗が出る。元より人が好きな人間、人と仲良くなれる人間が、最終的には優秀と言えるのか。が、逆にうまくできないからこその、理性的に技を磨くとも言える。と、そんなことを言っているが、今日はブラタモリの日。

初夏ぐらいからメキシコに1年間行ってきます

テノティティトランへ。公表OKになったので早めに書いておきます。メキシコ事務所の皆様にお世話になります。どうかよろしくお願いします。

今使っている携帯は休止状態にして、そのまま生かす予定。gmailとfacebookは使えるので、このまま何かあれば連絡取れる形です。